FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    日曜日 地下鉄に乗って

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    04 /25 2016


    424 (2)

    4241.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     日曜の朝。今日もカラカラのよい天気。暑くなりそうな気配濃厚。
     涼みがてらまた今日もお出かけ。
     エアコンの電気代と地下鉄に乗って出かける経費とどちらが安いのか、今になってふとそんなことを考えている。所詮庶民はみんなが集まるスーパーみたいなところが好きなのだ。

     地下鉄に乗って「パホンヨーティン」という駅で降りた。
     駅の近くに魔女の母校があるので寄ってみようと考えた・・・ところまではよかったのだが地下鉄駅から出たとたんの暑さに学校まで行くのを次回に延期した。幼稚園から大学までの一貫校、魔女の母校だけに魔法学校の可能性もあるので一度は調べないと。

     昨日行ったセントラルプラザがこの駅近くにもあって結局また入ってなにか食べようということになった。

    424 (7)


    1461474829295.jpg

    上は牛丼 下は豚丼
    IMG-20160424-WA0011.jpg

    IMG-20160424-WA0012.jpg


     よくよく考えみればタイでも日本に帰っても牛丼を食べていないことに気がついた。吉野家があったので話のネタにもなるだろうと入ってみた。
    「イラッシャイマセ~」
     九官鳥を連想させるといったら教育した日本人に悪いけれど、なにも日本の店だからと無理に日本語を使うことはないだろう。
    「サワディーカー」で十分だろう。このあたりに日本企業の傲慢さがみえるようでわたしは嫌だなと感じる。
     日本語で客を迎えることで主な客層であるタイの普通の人々の満足感あるいは優越感をくすぐるという狙いもあることは承知の上だが、キッチンで牛丼が出来上がったという合図が「オネガイシマス」と言うことになっているらしい。これも「ガイシマス」にしか聞こえてこない。
     わけのわからない日本語を使わされている従業員はどんな気分なのかな。 

     まあいいか。牛丼くらいのことでギャアギャア言ってもしようがない。

     味は悪くなかった。日本で食べるそれとかわりなかった。ただ、Lサイズを注文したがそれは日本では普通盛でいわゆる大盛りならXLというのがそれにあたるのだろうか。Lでは空腹だとご飯が足りない気もする。

     食事してミスタードーナツでコーヒーとドーナツでしばらく座った。それからフードコートで夕ご飯を買って帰ってきた。
     ホイトッドという、牡蠣を小麦粉に混ぜお好み焼きのように焼いたのも買って帰りおやつに食べた。写真を忘れたのでまた買うけれど、これはなかなか美味しかった。中味はともかくソースがなんとも表現が難しいが美味しかったのだ。夏場の貝は怖いなと思いながら食べたが午後7時になっても体調に変化がないから多分大丈夫だったかな。

     なぜ気になるかと言えば以前にうちの魔女が屋台のホイトッドでやられたことがある。そんなことで今日彼女は小さなスプーンで一口しか食べなかった。なにかにつけ気をつけないとならないが、あまり神経質になって生きるのもなんだかなあって感じです。

     人間生きてるかぎりいつか死ぬので、遅いか早いかの違いくらいなもので、世相などにもあまりピリピリと神経をとがらせて生きるのも無駄なことのように見えたりするのです最近は。
     沈黙が金だなどと思っているわけではないが柳のように生きられないかなと思ったりするのです。


     
     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    00:00TH 02:00JP
     不定期臨時更新は   10:00TH 12:00JP

    コメント

    非公開コメント

    こんばんは

    先日は当方のブログにコメントをいただきまして、ありがとうございました。
    私は、まだタイには行ったことがありませんので、いつも楽しく拝見しております。
    またお邪魔させていただきますので、よろしくお願いします。

    ありがとうございます

    ありがとうございます
    私こそ













    ありがとうございます
    私こそいろいろな野鳥を拝見させていただき
    またナイスなカメラワークに驚き感心しております
    機会があればタイにもぜひどうぞ
    暑い国の変わった鳥に出会えるかもしれません。
    一羽だけアホウドリならここにすでにおりますが


















    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い