FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    五つ星ホテルと風俗の館 おもしろい街だが

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /09 2016

    GOOD MORNING BANGKOK 6:20 AM  31℃ 
    晴れ ところにより雷雨  
    DSC_0004_20160509083059c1e.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     タイの飛び石連休も9日(月曜)で終わる。
     今日9日はファーマーズデー、いわゆる農民の日みたいなもので官公庁は休み。おもしろいことに民間企業は休まないらしい。
     そして学校の夏休みはもう一週間、来週の月曜(16日)から新学期がはじまる。夏休みのあとから新しい学年というのも日本人にはおかしな響きだがカレンダー上は5月だからさもありなんか。

     昨日の日曜は散歩がてらタイカルチュアラㇽセンター駅近くラチャダのBIG・Cまで出かけた。

     午前11時気温34℃、しかし風があるので焼けつくような暑さではない。

     BIG・Cに入る前に暑さついでに近辺の写真を撮ってみた。バンコクはどこも同じような景色だが違った日に見ると新しい発見があったりする。


    DSC_0041_20160508190231c05.jpg

    言わずと知れた五つ星
    DSC_0014.jpg

    立ち並ぶオフィスビル
    DSC_0024_20160508190229168.jpg

    古くからラチャダにあるホテル・エメラルド
    DSC_0016.jpg

    新しくできたホテルかコンドミニアムかと思えば
    風俗の館だった
    こんな感じの風俗がいくつも並ぶ
    DSC_0023_20160508190229d14.jpg



     それにしてもラチャダ界隈は風俗業のなんと多いことか。ワールド・チェーンのホテルがあるかとおもえばすぐ向かいにはマッサージ・カラオケという看板の風俗業が立ち並んでいる。それらがまた四つ星ホテルかと間違うような豪華な建物なのだ。
     これらの店は夜になってもあやしげな雰囲気はまったくなく、明るく輝いてあっけらかんとしたものだ。これが国の違い国民性のちがいというものだろうか。

     性を売り物にする商売はもっと淫靡で人の目を気にしながらこそこそとやるものだとあたしなんぞはおもってしまうのだ。

     しかし、夜明け前の安飯屋で風俗商売のおねえちゃんが酔っぱらって奇声をあげているのをみるにつけ、微笑みや笑顔の裏に隠された彼女たちのもって行き場のないストレスを感じてしまうのだ。
     そうだよね。
     生きてゆくって、まして大都会で生きてゆくってのは、時として、胸に満ち満ちる喪失感をごまかしながらでないともたないのだな。

     昼間の風俗館から出てくる二人のアジア人をみた。まだ若いチャイニーズかコーリアだろう。
     かつての日本人もアジアでこうだった。
     
     バンコクは今日も暑い。

     空にはうすい雲だけ。

     雨の季節はまだ遠い。


     
      今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    07:00TH 09:00JP


    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い