FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    タイ サメッド島で会った昭和の男

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /11 2016


    GOOD MORNING BANGKOK 6:30 31℃
    予想最高気温38℃ ところにより雷雨・にわか雨
    5:30より40分間久しぶりの停電

    20160511_062517.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます




    rayon506 (59)


     昭和の男と書いてしまったが、ほんとうはナイスガイと書こうとしたのだ。それこそ昭和中期の日活映画を連想させてしまいそうでじっさいお会いしたのはもっと若い男性だった。

     聞けばサメッド島には28年ぶりにやってきたという。
     28年前といえばちい公はまだタイ国に足を踏み入れていない。ヤバいエリアで逃げ回っていた頃だろうか。
    「あの頃はなんにもない島だったんですがね。小さな伝馬船みたいなので渡ってきたんですよ」
     日焼けして赤くなった顔がなつかしそうに遠くを見ていた。

     町へ戻る船を待つ間そして船の中、短い時間だったがあたしはよく喋った。昨夜来の不快な気分を海へ吐き出そうとするかのように喋った。
     彼には相手の警戒心のようなものをスッと消し去ってしまう大きなスポンジのような雰囲気があった。容易に他人に心を開かない自分も旧い友人に会ったような安心感をおぼえたのだ。

     彼のプライベートは細かく書けないが、次回うちの魔女が日本へ行く冬には東京で会えるかもしれない。
     むしろもう一度会いたいなと今そう思っている。

     昭和のよき男にタイのサメッド島で出会った。

    「ワオ!!」
     帰りのバスの中で魔女が大きな声を出した。
     彼からいただいた名刺をながめていた時だ、裏は英語で書かれている。
    「彼の名前あなたとおなじよ!」
     漢字は違うが読みにすればおなじだった。
    「これはミラクルよ!」
     そうかな・・・。
     あたしの名前なんて、同じ読み方をしているひとは星の数ほど知っている、一郎、次郎よりちょっと少ないだけだ。
     だけどまあいいか、魔女がそう言ってるんだから逆らわない。
     なんたってあたしは忠犬なんだから。

     
      今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     
     次回定時更新は    07:00TH 09:00JP

    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い