FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    あっぱれアメリカの忠犬

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /17 2016

    GOOD MORNING BANGKOK 6:30 27℃ 涼しい朝
    夜に暴風雨という予報はやはり空振り 少し雨が降った程度 さて今日は

    DSC_0001[1]

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます




    タンパ01

    フロリダ州タンパより  参照 CNN JP


     忠犬はいるものだ。

     CNNが報じた忠犬はヒガシダイヤガラガラヘビから7歳の女の子を守ったという。
     自分は三度も噛まれながらも逃げ出そうとせず女の子と蛇の間に入ったまま威嚇し続けた。
     
     幸いにもこのジャーマンシェパードは一命をとりとめたが毒により腎臓に後遺症が残るかもしれないという。

     ヒガシダイヤガラガラヘビは北米大陸に分布する毒蛇で血清が行き届いているので人間が死に至るのはまれらしい。
     このニュースに感動した人々から募金が寄せられ約5万ドルが集まったというから高額な治療費はまかなえるようだ。

     この犬、長く同家に飼われていたのかとおもえば最近に犬の救済施設からひきとられたとのことで、飼い主一家がきっとやさしく接していたのだろう。恩を忘れない犬もたいしたものだ。


     日本忠犬としては気持ちも新たに彼を見習わないといけない。


     タイにも毒蛇は多い。約163種類のヘビが生息しており、85種類が毒性だという。

     自分もイサーンでは何度か毒蛇に遭遇した。
     ヤバかったのは玄関から1メートル以上もあるコブラが入ってこようとした時だった。家主のおじいさんが近くにいてくれて事なきを得たが、蛇が大の苦手のあたしは悲鳴を上げて100メートルは逃げた。情けない話だ。
     
     おじいさんの息子は、といってもいまやおじいさんにちかいオジサンだが、彼も子供のころにコブラに噛まれた。今も指が変形したままになっている。田んぼの穴へ手を突っ込んだら蛇がいたらしい。まだ血清も十分になかった時代だったのによく助かったものだ。

     あるときは庭のヤシの木から細い蛇がポロンと落ちてきた。
     きれいなグリーンの蛇だったが、これが猛毒だということで、このときもおじいさんが退治してくれた。
     考えてみれば、いまは亡きおじいさんがいつも助けてくれた。イサーンの浦島太郎か桃太郎か、いちど墓参りに行こうと思いながらご無沙汰している、申し訳ないことだ。

     タイでも田舎にいるとサソリなどは日常茶飯事なのでどうってことはないがやはり蛇は毒の有無に関係なくダメだ。


     
      今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     次回定時更新は    07:00TH 09:00JP


    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い