FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    ルンピニー公園でウォーキング

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    05 /23 2016


    DSC_0033.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     世間の人並みにウォーキングをしてみようと思い立った。
     ちい公の思いつきに魔女が犬のようについてきた。

     ルンピニー公園までは地下鉄で移動する。
     中央駅フォランポーン方面行きで終点のひとつ手前で降りる。ルンピニー駅で降りてもよいのだがシーロム駅の方が公園正面入り口に近い。大きな公園はルンピニー駅とシーロム駅の両方にまたがっている。

     何処の国でもおなじように人々の健康志向はとどまることを知らない。
     ここでもおなじ。ランニングする人歩く人そして自転車の人々。
     しかし中心部にあるアソーク近くのベンジャキッティ公園のように自転車専用道がなくここはラインだけなのでレーサーのように突っ走る人々はいなくて自転車そのものが少ない。

     公園へ入りルンピニー駅方面へ戻るように歩く。
     フリーのエクササイズマシンが多く設置されているのには感心した。もちろんあたしは余計な労力は使わない。汗みどろになるような運動は健康によくない。
     そこまで自分をいじめたくはない。それでなくとも男は世間で闘っている。自分自身を可愛がりこそすれ痛めつけるなどは愚の骨頂というものだ。

     魔女っ子もほんの気持ちだけエクササイズマシンに乗っていたが写真を撮ってやると満足したようにやめてしまった。似たようなものだと思わず笑ってしまった。

     30分も歩くと十分なような気がしてきた。だいたい日頃歩くことが多いのでわざわざ歩くだけのために時間を使うってことが無駄な気がして仕方がない。

     あとは写真をご覧ください。

    公園入口にラマ6世像
    DSC_0005_20160522190252f9b.jpg

    入り口向かいにはバンコクで最大の公立病院、最大に混雑することでも有名
    DSC_0012_20160522190258791.jpg

    ラマ6世像の裏側 公園の入り口がここ
    DSC_0009.jpg

    しばらく歩くとニャンがいた 日陰で涼んでいたが
    人なつっこく出てきてくれた
    DSC_0019_20160522190336d98.jpg

    が特に餌をねだるようなこともなかった
    誰かがまめに世話しているようだった
    DSC_0022_20160522190340d81.jpg

    DSC_0026_20160522190548b0d.jpg

    時計塔 
    DSC_0050.jpg

    水のあるところには必ずあるスワンボート
    この暑さのなかで誰が乗るの?
    DSC_0052_20160522190551c97.jpg

    公園のなかから日本大使館を
    みかけは小さいが奥行きがかなりひろくさすが日本国
    塀で囲まれてふだんでも出入りはかなり厳しい
    DSC_0054.jpg

    DSC_0060_20160522190624c38.jpg

    DSC_0063_201605221906252db.jpg




     
      今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ
     
     次回定時更新は    07:00TH 09:00JP


    コメント

    非公開コメント

    行きたいなバンコク

    こんにちは毎日楽しみに拝見しています
    実は一度だけタイへ行ったことがあるのですが
    3泊4日の駆け足で公園なんて一度もでした
    こんどはゆっくりふつうの人々の生活をみる
    そんな旅をしたいです
    私が行ったら魔女様は案内してくれるでしょうか(笑)

    ご愛読ありがとうございます


    > 実は一度だけタイへ行ったことがあるのですが
    > こんどはゆっくりふつうの人々の生活をみる
    > そんな旅をしたいです
    > 私が行ったら魔女様は案内してくれるでしょうか(笑)

    ぜひおこしくださいませ
    魔女はきっと喜んでご案内するでしょう
    愛用のほうきに乗せてくれるかもしれません
    もしかしたら一本貸してくれるかも
    スケジュールにしばられない旅もいいものですよ
    タイなら安心してどうぞ

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い