FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    オバマ大統領 日本へそしてヒロシマへ

    世界のなかの日本国を考える
    05 /24 2016

    001.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     オバマ大統領が明日来日する。
     ベトナムへの訪問をまず果たしたオバマ氏、
     インドシナの共産化を防ぐという大前提でベトナムに介入した米国が目的を果たせず敗退した同国への訪問はそれなりに意義深いものがある。

     そしてサミットのあとに訪問する広島。
     日本人としてはそれぞれに思いはあるだろう。

     原爆を投下した国の大統領の訪問など受け付けないという人々の声もあるが、現職の大統領が訪問して哀悼の意を表明することに異議を唱えることはない。

     忘れてはならないのは先の大戦がそもそも日本帝国軍部が暴走した結果であるということ。
     若い命を特攻というまやかしで無駄に散らした責任は日本帝国軍部にあり、もし万一にも日本が戦況を有利に展開し続けたならばもっと悲惨な結末を迎えたであろうことは想像するに難くない。

     核の実験場として広島、長崎が犠牲になったという一面は否定できない。しかしあの戦争を本土決戦という未曽有の大被害になったであろう手段で終結されたならば現在の日本が存在しただろうか。

     もちろんだからといって米国の核使用を正当化し認めるものではない。

     いかなる戦争であっても核は永久に使用してはならないということを世界に知らしめたのは広島、長崎で散っていった我が同胞たちの尊い命である。戦争に直接関係のなかった人々である。そのことを未来永劫忘れないし忘れてはならない。

     その地へかつての敵国の現職大統領が訪れる。
     謝罪の意味ではないとしても世界へ向けてのアピール、戦争の無意味さや核使用の悲惨さをあらためて知らせることの重要さは認めるべきだろう。

     人間同士が殺しあうこと、それが戦争。
     知恵のある人間が殺しあわなくともよいような平和世界の一日も早い構築をただ願ってやまない。

     またそのためにも人命を浪費するだけのモスリム系テロリストの動向にも気を配り、つねに彼らの暴挙には批判の精神をもって臨まねばならない。
     島国だからといって、だからこそ、あらゆる国家、地方と無関係で日本が生存できるとは考えられない。けっして対岸の火事ではない。

     さまざまな場所で日本へ食料をそしてエネルギーを送り続ける同胞がいる。金さえ払えばなんでも入手できる時代は終焉が近い。けっして日本人は日本人だけでは生きてゆけない。遠い国の出来事が直接、間接的に日々の生活に影響を与えるのだということを再認識したい。



      今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ
     
     定時更新は毎朝07:00TH 09:00JP


    コメント

    非公開コメント

    おやおやびっくり

    おはようございます
    あれえちい公さんがジャーナリストのちいぼうさんに
    戻ってしまいましたね

    でもたまにこんな記事もいいものです
    あらためて平和な生活がどれほど大切か考えてしまいました。
    毎日ときには大笑いしながら読ませていただいてます。
    さあ明日はなんですか??(^^)/



    こちらこそびっくり

    あたしがこんなこと書いちゃおかしいですかね
    ま、たまには朝っぱらからこ難しいことを読んでもらうのも

    しかしまじめな話
    あたしは憂えているのですよ

    やめておきましょう
    明るく楽しくやりましょう

    また来てくださいね
    そしてたまにはコメントを落としていってね


    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い