FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    ふたりで真面目な話 真の自由とは

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    06 /24 2016

    国会議事堂
    national assembly
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます



     家では真面目な話、とくに政治などの話はめったにしない。
     そんなものは楽しくも面白くもないからで、日々のあれこれや食べ物の話そして魔女の大好きな日本の話題。

     知人友人たちと一緒になっても政治の話が出ることはまずない。これは日本でもおなじかもしれないが、あえて言うならタイ人は政治に関する話題を避けるきらいがある。
     それともうひとつ王室の話題は案外タブーなのだ。とくに王位継承問題は誰もが胸に抱いている不安もしくは希望があるのだが誰も口には出さない。王室を愛し敬っていることはまぎれもない事実なのだが、タイには不敬罪のような法律が存在することも関係あるだろう。

    国会議事堂内部
    assembly2.jpg

    現暫定軍事政権樹立前の騒動 2枚とも
    RED4.jpg

    Yellow1.jpg



     テレビを観ていて何気なく私が口火を切った。

     毎日放映される首相の演説。これがまた長い。延長されることもしばしばで後の番組は軒並みずらされる。

     ご存知のようにタイは軍事政権下にある。暫定といえども軍部が政権を握っていることに変わりはない。
     したがってマスコミ・ニュースの類はすべてコントロールされているといって差し支えない。
     うちの魔女はほとんどテレビを観ないのでニュースなどはネットから得ることが多い。それはもちろん管制下のニュースより真実に近い今起きていることを知ることができるからだ。

     現政権は欧米各国からの圧力もあり、あからさまな自由への侵害こそみせないが人々の気づかないところでのコントロールは行っているといえる。

     現軍事政権は今年8月に新政府選択のための選挙を行うとは言っているがはたして実施されるかどうかはあやしい。
     もし実施されたとしても数年前の繰り返しになる可能性も大きい。
     旧政府復活を望む勢力と失脚したタクシンの支持基盤でもあった地方を主体とする勢力がぶつかるのは目に見えており、またも黄色と赤の激突になり最後は軍隊が出動するという図式。
     タイの政治はなかなか大人になりきれない中年男のようだ。

     その一因は民衆の側にもある。
     バンコクへデモに行くバス列。動員される人々の多くは日当目当て。田舎で一日汗を流しても得られないほどの金が支給される。それはどちらのグループにもいえることで、これを当然とする考えが根強いのだ。

     何気なく平和に過ごしている人々のどれだけが真の自由を謳歌しているのだろうか。
     やさしい微笑みをみせる人々と話しながらふとそんなことを思うときがある。

    「いつになったらタイは変わるのかしら?」
    「それにはあと20年。君たちのような新しい教育を受けた世代が実力を発揮できる年代になったときかもしれない」
     そうとしか答えられなかった。

     南アジアの雄となってほしいタイ王国なのだが道のりはまだ長くきびしい。


     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     定時更新は毎朝03:00TH 05:00JP

    コメント

    非公開コメント

    Yes!

    おはようございます
    あるパーティでお目にかかりましたね
    スピーチに感銘を受けました

    ブログおもしろいですね
    毎日楽しみにしています

    PS
    魔女さんの魔法にはくれぐれもお気をつけて

    hank you for youe comment

    > あるパーティでお目にかかりましたね
    > スピーチに感銘を受けました
    憶えています
    たしかお名刺をいただきましたね

    そうですかお読みくださっているのですね
    ありがとうございます
    これからもどうぞよろしく

    > 魔女さんの魔法にはくれぐれもお気をつけて

    あはは、毎日気を張って生きております(笑)
    ときとしてとんでもないことを仕掛けてくるので・・


    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い