FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    バンコク・早朝の街で

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    09 /30 2016

    バンコク・早朝の街で

    ベンジャキッティ公園まで来てようやく空が白んできた
    DSC_0008[1]

    DSC_0012_20160929165954699.jpg
      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiibou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


     昨日、まだ暗いうちから出かけた。
    「今日は歩いてゆく」という魔女のお供。忠犬としてはボディガードと運動不足の解消にもよいだろうと考えた。

    「歩道を歩いているとわかるでしょ、いかに日本の道が整備されているか」
     たしかに。
     バンコクはかなり整備されてはきたがそれでもけっして歩きやすい道ではない。凸凹穴ぼこだらけの道は集中していないといつなんどき足をとられるかわからない。
     なれているとはいえ余分な神経が疲れを倍増させるような気もする。

     時間が早いせいで道路上の屋台も少なく準備中が多い。
     それでもこんな時間から人々は道路に出て一日の商いの準備をしている。
     フリーペーパーを配る人々、歩道を清掃する仕事は早朝ならではの光景。
    ・・・みんな頑張っているんだな。
     生きるってことはこういうことなのだろう。
     
     この街がこの国が感じさせるエネルギーは日本の街を歩いていて感じるそれとは異質のものだ。もっとむきだしの生への執着がまだ残っている街、もしかしたら戦後間もない日本もこうだったのかもしれない。

     ようやく地下鉄のシャッターも上がったようだ。
     前の路上では流行り歌をただ唄う女性。すこし離れた場所では「体の不自由な私に治療費を」の看板を置いた初老の男。
     みんな生きるため。
     恥などとは無縁の世界があちこちに点在する街。
     なにげなく小銭をそっと入れてゆく若者。
     このような光景もなれてしまうとただの日常のありふれた景色になってしまう。

     みんなやさしい、それだけでは片づけられないなにかがある。
     小銭をいれた女性はたぶんどこかの会社員かもしれない。それほど豊かな生活をしているわけでもないだろうが自分よりも困っていると感じればなにかをしてしまう。
     それはこの国の人々のやさしさなのだろうか。それとも当然の義務と感じているのか。

     いつか時間があるときに何人かに尋ねてみたい。

     ふと思いついて魔女に
    「あたしも空き缶ひとつで座ってみようかな。一日にいくら集まるかやってみたい。なんなら日本の歌を唄ってもいい」
    「できる? やってごらんなさい」
     白い目でにらまれ、
    「私は知らない顔して逃げるわよ」

    screenshotshare_20160929_113857.jpg


     今日もありがとうございました、訪問して下さったあなたに感謝。
     コプクン・カップ (ขอบคุณมาก)
     ขอบคุณทุกคนที่เข้ามาเยี่ยมชม Blog ของผมนะครับ

     定時更新は毎朝03:00TH 05:00JP



    コメント

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    匿名様 こんにちは ありがとうございます


    本当の豊かさってなんなんでしょうね
    いつも考えてきた問いでもあります
    お金で買える幸せもあればそれらには代えがたい心のありようも
    あるのではないかと思うのですが
    そんな甘ちゃんでは生きてゆけない世界でもあるのは承知なんですが
    おそらくこの先もずっと己に問いかけながら生きてゆくのでしょうね
    でもあなたのようにいつも日本のありように疑問を抱きながら
    いきている、そんな日本人がいるかぎりまだまだ日本は大丈夫、と
    そんなことも考えたりしているのです。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い