FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    学校の休みや教育システムなど

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    11 /05 2016


    ミルキーも休みが終わり幼稚園へ
    先日プレゼントしたバッグがお気に入りになったようだ

    IMG-20161102-WA0001[1]

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    学校の休みや教育システムなど

     先日、休みが終わった学生が街で目立ち始めた、と書きましたがすこし補足説明しておきます。

     タイの学校は日本とすこしちがって大きくいうと二学期制です。3月中旬から5月中旬まで夏休み、この間に有名な水かけ祭り(ソンクラーン)などがあって、タイの人々には二度目の正月ともいえます、ややこしいですが、日本の花見の時期が最も暑い頃で夏です。

     そしてもうひとつの長期休暇が9月末から10月いっぱいくらいまであってこれは中間休みのような言い方をしています。

     新年いわゆる日本の冬休みにあたる休暇はなくカレンダー通りの休みで四、五日くらいでしょうか。ただクリスチャン系の学校はクリスマスから新年にかけて休暇があります。

     日本の春休みや冬休みは当然ながらありません。

     教育はざっというと6歳くらいで小学校、これは6年間行きます。そのあとは中学、タイでは中等教育という呼び方で6年間ありますが前期の3年が義務教育で日本の高校にあたる教育が後期の3年です。後期教育で専門が分かれるところでもあります。

     姪っ子のミルキーは6歳ですがまだ幼稚園に行っており来年5月から小学生というわけです。

     あとは大学ですが日本と同じでピンキリです。書類さえ出せば入学できるところもありますし、超難関のエリート養成大学も当然あります。

     うちの誰かさんは有名国立に失敗して金のかかる有名私立に入った部類です。卒業時には次期国王と目されている皇太子が証書を渡しに来校していますので、そこそこ物入りな大学だったのでしょう。

     いずこの国もそうですがここタイもやはり学歴社会であることに変わりはありません。
     石を投げれば大卒に当たるような、トゥクトゥクの運転手が大卒だったなんて時代がもうすぐのような気もします。 



    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い