FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    あれから一か月のバンコク

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    11 /19 2016


      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


     あれから一か月のバンコク

     ラマ9世国王の逝去から一か月が過ぎたバンコク。
     相変わらず黒や白い服など地味な服装の人々が多い。それでも決して派手ではないが次第に普段の服装の人々が増えはじめている。

     追悼番組ばかりだったテレビも日を追うごとに通常の娯楽番組が戻ってきつつある。日本関連でいうとなつかしい一休さんやNHK朝ドラのあまちゃん、そして日本のすぐれた技術紹介の番組なども再開されている。ついでにいうと一休さんは何十年も前から放送されていて、その時その時代の子供たちに安定した人気があるのだろう。

     街の目抜き通りのあちこちに設置されている大型ビジョンにも本来の目的である広告放送が戻ってきた。ときどき国王のメモリアル追悼シーンなどをはさみながらもCM放送が大半を占めるようになっている。
     MRT地下鉄でもおなじく広告が再開されている。

    DSC_0007_201611180830072d0.jpg

    DSC_0009_20161118083009d4a.jpg

    休止中の映像 大型ビジョン
    DSC_0022_201611180830109b9.jpg

    地下鉄駅で広告休止中時の映像
    DSC_0030_20161118083012ebb.jpg



     敬愛する国王のことだから当然とはいえ、これらプロモーション関連にとって一か月の休止による損失は小さくないだろう。

     ただ公共機関職員の服装については一年という機関が定められているのでモノクロームのタイランドは続いてゆく。

     これから一年近くの間にタイへお越しになる予定の方はなるたけ地味な服装の準備が望ましい。誰もとがめだてはしないが目立つカラフルな服装で一人だけ浮きあがって見えるのは居心地もよくないだろう。

     話が前後するがイベント業界もしかりで野外などでのコンサートはまだまだできないようだ。
     新年も静かなものになる。

     私事ながら年末から新年にかけては義妹たちと過ごすことになっている。彼らはふだん住んでいるコンドミニアムの他にバンコク郊外に家を持っていてそこへ行く。
     家の中でのパーティは問題ないようなのでバーベキューなどをしようと計画している。

     日本へ行くまで二週間ほどになった。
     毎日気温をにらみながら積雪の情報を心待ちにしている。しかし聞くところによると12月にはまた暖かくなる日もあるということでどうやら雪を見るにはかなり北へ行かねばならないかもしれない。
     


    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い