FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    これも初詣 バチあたりちい公お寺へ

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    01 /03 2017


    タイで初詣 (2)

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    これも初詣 バチあたりちい公お寺へ

     タイには初詣という言葉がない。
     いつ行ってもタンブン(供物などをささげて祈り、願うこと)という言葉で表現する。

     しかしあたしゃ日本人、年の初めに行くお寺はやはり初詣という言葉がふさわしいのだにゃ。

     そんなわけでバンコク郊外の美しいお寺に参拝した。
     おなじ仏教徒だから多少のちがいはあってもルーツはお釈迦さまだからよいだろう。

     この寺の特別なところは大みそかから新年にかけて多くの参拝者のために白い糸が吊るされている。
     これはご本尊につながるもので糸を頭につけて説法などを聞いておればおのずからありがたいなにかが自分にも下りてくるというような意味合いがあるらしい。
     家人の言うところによればこのように糸を吊るしているお寺はそれほど多くないということだった。

     ツィンズ姉妹と姪っ子ミルキーはタンブンをし僧侶に祈ってもらった。(動画あり)

     僧侶は動画を撮っているあたしにも、前へおいでと言ってくれたが忙しくてそれどころではなかった。神妙に前で聞いたところでほとんど理解できない。あたしは仏陀と直接コンタクトしているからよいのだと自分に言い聞かせた。

     そんなわけで今年はさらに良い年になるだろう。

     最後に僧侶の話でわかったところだけすこし。
    「こうしてタンブンをしてくれたあなた方には来世できっとよいことがあるでしょう」
     そんなことだった。
     占い師ではないから現世や今年のことは言わないようだ。あたしにも言えそうな言葉だ。

     帰り道の車中、そんなことをしゃべっていると、このバチあたりとばかりに、みんなから白い目で見られた。



    タイで初詣 (4)

    タイで初詣 (5)

    タイで初詣 (6)

    タイで初詣 (3)

    ツインズ姉妹と娘 神妙に
    タイで初詣 (1)[1]

    境内の池で 亀や魚に餌をやる これもタンブンなり
    タイで初詣 (1)




    コメント

    非公開コメント

    あけましておめでとうございます。
    初詣というのは日本独特の風習なんでしょうね。

    なんでも、古来の日本には
    「年籠り」(としごもり、としこもり)
    と言う風習があり、家長(一家の長)が、新年を平安に暮らすために
    大晦日の夜から元旦の朝にかけて、氏神の社(現在の神社)に籠もり祈願したのが起源らしいです。

    時を経て年籠りは
    大晦日の夜に詣でる「除夜詣」と
    元旦の朝に詣でる「元旦詣」 
    に分かれ、
    この「元旦詣」が
    現在の初詣の原形となり現在に至るようです。

    これが広く一般的になったのは、
    明治以降に電車会社が初詣を広めたという側面もあるんじゃないかと思います。

    それまでは神道的な行事故に、
    神社参拝が基本だったようですが、
    日本的な神仏混合の概念もあるのか、
    神社のみならずお寺も初詣の対象となり、
    社寺参詣が一般的に広まったんでしょうね。

    Goさんありがとうございます

    Goさん あけましておめでとうございます
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    初詣について丁寧な説明をいただき感謝です。
    日本古来の伝統、やはりいいですね日本は。

    こんなときです日本人でよかったと思うのは。


    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い