FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    イサーンの風にふかれて2017 ④旗本退屈しない男

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    01 /30 2017


    DSC00614.jpg

    c0136122_435989.jpg

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    ④「天下御免の向う傷! 旗本退屈しない男」

     ウドンターニ駅前は夜市でにぎわっていた。
     駅に向かって右側は数年前と変わりないマーケットだが、左には新たにできたショッピングエリアそしてさらにその向こうにはチャイナタウンが出現している。

     線路伝いにのびていた埃っぽい道路は跡形もなかった。
     かつてその道路には路上床屋が数軒並び、数十円で散髪ができた。

     春節と重なった時期でもあって中華系の正月飾りがやたら目につく。これはバンコクでも同じだ。
     甲高い中国人の話し声があまり聞こえないだけウドンターニのほうがましかもしれない。

     それにしても中国って国は・・・。

     イサーン料理の店で夕食をすませ夜市を徘徊して、さあ帰ろうというときだった。

     道端に並んだサムロー(トゥクトゥクのイサーン版)に乗ろうとした。
     交通信号のポールにつけられたブリキの案内板に気がつかなかった。
     ガーンという音と同時に額に激痛が走った。

    「大丈夫?」
    「大丈夫だい」
     日本人はこんなことでは騒がないのだ。
    「血が出てるわよ」
     言われて額にふれてみると何やら液体がスーっと流れ落ちている。

     サムローの運転手たちが見ている。
     ハンカチで押さえてすぐにサムローに飛び乗った。

    ・・・あんな低いところに看板なんかつけやがって。
     気づかなかった自分が悪いのだ。怒りの矛先はどこにも向けられない。

     ホテルで鏡を見て多少おどろいた。
     額にくっきりと縦の傷。
     深くないので縫合の必要はなさそうだ。

     すぐに思い出した。

    「禄は低けれど直参旗本」
    「天下御免の向う傷!」
     ご存じ旗本退屈男の決め台詞。

     さしづめ、あたしは旗本ではない退屈しない男。
     当分はこれでゆきましょう。痛い思いをした分このネタであちこちのページ数を稼がないと。

     ついでに予告編。
     この夜のサムローの運転手がおもしろかった。
     これはできたら明日の心にしましょう。
     とにかく額の痛みを忘れて笑ったのだから。





    コメント

    非公開コメント

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い