FC2ブログ
    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

    猫なのにどうして忠犬? って

    日々のドキュメント 旅  アジア 
    03 /08 2017


    フォランポーン寺院 (1)

    フォランポーン寺院 (4)
    右のプロフィール写真のニャン様はここに寝そべっていた。

      ยินดีต้อนรับสู่ Blog ของฉัน [ไดอารี่เกี่ยวกับเมืองไทย โดย Mr.Chiikou]
      ようこそいらっしゃいませ、ありがとうございます


    猫なのにどうして忠犬? って

     近ごろ、たまにいただくメールに、ブログのプロフィール写真が猫なのにどうして忠犬なのかというご質問。そしてちい公って? なあに、など。

     以前にもお答えしたので重複するけれど、拙ブログでは1年以上前のログは削除しているので残っていないかもしれない。現在残っている過去記事は2016年1月からのものだけ。

     プロフィール写真のニャン様はバンコク・フォアランポーン寺院(地下鉄フォアランポーン手前の駅下車した寺院、慈悲のお寺として有名)、そのお寺にある高僧像の前で居眠りしていた。
     あたしが近づいても目を細く開けただけで身じろぎもしなく、人間に馴れているというのもあるのだろうが、まるであたしを見下ろしているような威厳があった。
     
     もともとノラ公だったあたしはなぜか感心し、すぐにその写真をプロフィールに使わせていただいたという単純な話。

     ノラ公がはじめたドキュメントな日々の記録。
     チイ公の名前は、まだ親が存命していた幼少時代のニックネーム「ちいぼう」からきている。ノラになる前は「小さい坊や」と近隣住民からも可愛がられていたらしい。

     人に歴史あり、というがあたしにはなんにもない。
     よくぞまあ今まで生き延びてきたものだと、時々むかしを振り返っては頭を振る日々。

     あと何年、いや家人の魔術コントロール下にあるから何十年生きるのかしれないが、これからあとは楽しく幸せな日々であればそれでよいと柄にもなく殊勝なことを考えている。

     要するに、あてのあるなしにかかわらずフラフラ彷徨うのはもうやめようかということなのだが、緊張感のない日々が続いては人として男としてもだめになるような気がしないでもない。




    コメント

    非公開コメント

    親父ギャグ

    「タイ」に行ってみ「タイ」。おあとがよろしいようで・・・・。

    ちい公さんの壮絶な人生が見えたようです。
    魔女さんが楽しい人生に変えてくれたんですね。
    世界中に楽しい魔女さんがたくさんいてくれたら、
    世の中も、楽しいニュースに包まれるのに…
    今は、なんか嫌ですね。

    Re: senri32 様

    > 「タイ」に行ってみ「タイ」。おあとがよろしいようで・・・・。

    ひとりで来れたらタイしたものでやんす
    竜宮城もあるでやんすよタイばっかり舞踊りでやんす。

    おっいけねぇダジャレでつないでいたら客が怒りだした
    タイへんだ、タイさん退散!! 

    Re: みんみんとパパママへ

    ありがとうございます。
    すべて運命かもしれませんね
    人と人の巡りあいもまたしかり

    そうですねおなじ魔女でも
    まだハートが人間っぽく強い魔術の使えない魔女に出会って
    幸運だったかもしれません。
    ではまたです、ありがとうございました。

    ちい公

    ようこそ! 
    空ゆく雲のようにいつも自由でありたい。もとノラのちい公がお届けするごく私的な日常と愛する国そして人々への思い